ハウスの中に耕耘機を持ち込んで?2012/04/22 20:26

ハウスの中の耕耘機
ハウスの屋根を掛けたら今日の作業は終わりと思っていたが、いつになく手際が良かったようで、このまま帰ったのではもったいないと思い、耕耘機を出してみた。
いつよりエンジンがスムーズに掛かった。タイヤの空気が少ないので、空気入れを探したが見あたらない。どこかにあるはずなのだが・・・・
最初は、難しいハウスの耕耘を行った。これは、かなりのテクニックが必要で、初心者には到底無理の作業だ。長年この耕耘機とつきあっているからできることで、間違うとハウスを壊すか自分自身が挟まれそうになってしまう。
今回の耕耘は、機械のできるかぎりの性能を発揮させて、30cm以上の耕耘で、かき混ぜも最高で行ったので、今年の作柄は良好かと思う。
外の畑もハウス同様に決めの細かな耕耘を行った。
ただし、勤務形態が変わったので、昨年のように頻回な作業ができなくなったので、かなりの工夫をしなければ、全ての野菜が枯れてしまうかも知れない。そこがかなりの問題で、憂慮するところだ。
それにしても、栄養豊富な土に見える。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
剱岳や槍ヶ岳は、何処のアルプスに有りますか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://snowoffice.asablo.jp/blog/2012/04/22/6422188/tb