0130炎の揺らぎは何とも表現のしようがない。2012/01/30 21:59

鋳物のストーブで有名なHONMAのストーブを古物商から購入して昨年設置した。
その炎が何とも心地よい光を放って心をつかまれる。
ジーッと炎を眺めていると、時の流れを忘れてしまう。
炎の揺らぎは何とも表現のしようがない。
時を忘れる。
外が厳寒の時ほど炎の心地よさが心と体に浸みる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
剱岳や槍ヶ岳は、何処のアルプスに有りますか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://snowoffice.asablo.jp/blog/2012/01/30/6376553/tb