4/13ビニールハウスを建ててみる。2011/04/13 17:48

建設途中の骨組み
4月13日ビニールハウスの骨組みを貰ったので、乗用車で運びに行った。 その骨組みは、2本を繋ぎ合わせる構造になっているものの、片方の長さが4940mmと長く、乗用車上部にカヌーを乗せるために取り付けてあるキャリーで運ぶのに一工夫が必要だった。 骨組みは、23組46本あり、3回に分けて運んだものの、途中パトに遭ったら止められるのではないかと心配しながらの運搬だった。 中古品にはカタログがなく、メーカー名も分からないため、組み立て要領も間口サイズも分からない。 そこで、平らな所で2本を組み合わせて間口を概ね決めたところ、6700mmとなった。 23組を60cm間隔で立てると奥行き13m20cmで間口が6m70cmだと88.44平米(約27坪・畳54枚)となる。 畑の土地は、約1000坪なのだが、これだけのものを建てる場所はおいそれと無いものだ。 ロープで2辺を作り場所決めをするだけでこの日は終わった。 14日ハッピーワンで25mmの外ジョイントを買い物かごに入れてレジをすると、店員が13本ですねとレジを打とうとするので、違いますよと言ったものの、店員が1~10・1~10・1・2・3と数え、レジに先ほどと同じ13ですね。と言って打ち込んだのでそれ以上の抵抗ができなかった。 暗示は恐ろしいものと思いました。 他にサドルバンド20mm×15個×@14(足りないがこれしかなかった)と透明チューブで水平を取るためのチューブ繋ぎジョイント@97を購入した。 次に新しいホーマックで、25mm用パっカーを50個組×2セット×@1480・コードバンド@998・サドルバンド20mm×5組×9セット×@158を購入して畑に向かう。 水糸で水平と直角を出し場所決めをしようとしたが、水糸が行方不明(直ぐそばの木材の上に置いてあった)なので、コードバンドで場所を決めて、コードバンドに間隔60cmと管に35cmの印をつけて管を30cm地中に埋めたが、46本を器具なしに埋めるのにはコツが必要だ。 頂点で外ジョイントで繋ぐのに苦労するかと思ったが、スムーズに進んだものの、固定していないので真っ直ぐにはならず、固定するときに調整することとした。 夕暮れの時間が近づいて来たので、横桟をサドルバンドで止め始めたが、今日はこれまでとあきらめて帰ることにした。

4/15ビニールハウスに何故垂木を使うの?2011/04/15 19:01

14日にまだ部材等を購入してましたね。 発電機用ガソリン5リットル×@149・サドルバンド25mm×10個×@16・32mm×10個×@18・フレミングアンカー(垂木を長手に繋ぐ金具)9個×@50。 15日は、ハッピーでサドルバンド25mm×8個×@16・16mm×10個×@12・32mm×1個×@18・カナオレ6個×@128・ヒラカナオレ4個×@98 ホーマで4穴L字6個×@98・カッター@198・木ねじ@378(表示が@378だがレジで@598と打たれ、訂正してもらった) 支柱が鉄管なのに何故垂木で繋ぐかと言うと、できるだけお金をかけないでこのハウスを造ろうとしているからで、直管は新たに購入をしなければならないが、木材は十分?に無償で手に入れることができるからで、あまり先のことは考えていない。 今日15日は、天頂と肩部を垂木とサドルバンドで固定し、入口の鴨居?部分を取り付けて終了した。 何時も昼近くに来ての作業なので、なかなか進まない。

4/19ビニールハウスドアを確保!2011/04/19 19:17

17日は、平均85歳の三姉妹と父を連れて登別へ行き、その帰りにイエローグローブで木造ドアを作成するために強力丸落とし(ドア金具)@350・兆番2枚組@420・金折れ4枚組4組×@130を購入したが、19日にビニールハウス専用のドアを確保したので無駄になってしまった。 19日は、垂木が足りなそうなので、ホーマックで4本組み二束(2組×@1680)を購入したのだが、後でレシートを見てみると、貫二束×@1400円と打たれていた。 この日は、貰ったドアを清掃し、ロールで持ていた圧手のビニール(農ビではない)を張り付けた。 ドアを木で作るつもりだったので、鴨居の高さを適当にしていたが、既成品が来たので高さを大幅に下げたため垂木一本の長さでは足りなくなってしまった。この日は、そんなこんだで作業終了し、ハッピーやホーマの大店舗化に対応しようと拡張したコーヨーで@10のサドルバンドを30個ほど買ったが、8束×@10でのレシートとなっていた。 どこもここも店員の教育をしないと・・・・・。 専用のドアを確保したものの、それに見合ったレールは既に他の用途に加工され、前記三店舗を探したものの規格外の商品で調達こんなんであった。

4/20ビニールハウス図面2011/04/20 19:24

20日は、朝から農協の資材センターに行き、ビニールの見積もりとドアレールの調達を試みたが、現状に合ったレールは見つからず、釣りローラを変更しそれに合ったレールの提案が有ったが、ドアのレール取り付け部の構造上ローラーの大きさを変えることが不可能と判断し、自宅に有った30mm×50mm×3600mmの鋼材を元レールの25mm×40mmの規格に変更して加工して使用することとした。 ビニールは、天井0.15mm×6600mm×16.5m×@1417・側0.1mm×2000mm×41m×@336で、計37156円となったもの、組合員と非組合員の価格には、1.5倍の差があるため躊躇してしまった。

4/20ビニールハウスなのに木工作業を続ける。2011/04/20 19:29

20日は、農協から11時頃帰宅し準備をしていると、父母が行くとのことなので三人でビニールハウスを建てに行ったものの、父は思いのままにぶらぶらと、母はビニールハウス内の草取り担当となり、木工作業は結局私一人となっていた。 この日は、自宅地下で埋もれていた壁下地材の垂木や胴縁を十分に持って行ったので、材料の不足なしに概ね作業は終了した。

4/21ビニールハウスドアレールを作成。2011/04/21 19:56

21日は朝から既成ドアのレール加工を行った。 丸鋸に切断砥石を付けて加工していくものの、安いと切断砥石では片側半分も加工しないうちに歯がなくなったので、ホーマックに買いに行ったものの、安い切断砥石が無く、金の卵で一枚×@698×3枚を購入して作業を始めると、値段の値以上に有るもので、安物で片側半分が、金の卵だと残り1.5を切断するのに一枚の切断砥石が極端に消耗した感覚が無いほどで、残り2枚は無駄に購入したことになってしまった。 このレールを加工した鋼材は、裸なので車が錆びたときに使うセラミック系の錆び止めを塗って取り付けた。この錆び止めは、高価なものであるが、某車用塗料を扱っている社長から貰ったもので、重宝している。 この日は、まずレールを取り付け既成のドアを付けてみると、gooで既成品のドアに手作りレールとなり満足。 その後中途半端に終わっていた後部の木工と天頂部でサドルバンドで止まっていない所や前面部の一部ビニールの貼り付け等を行った。

4/23相変わらず木工作業続行です。2011/04/23 19:37

写真は奥の部分で、上部に換気口を設けた。後部の換気口は一つだが、前面には二つの換気口を設けた。 ここまでで購入した垂木は、8本中3本しか使用していない。 後は、ビニールを購入すればOKなのだが、ここが重要で、農ポリ・農ビ・農POなど一長一短の張り物の見分けがよくわからないのが現状で、高くても農協の天頂用0.15mmを購入し、側は持ち合いのロールで済まそうかと考えている。 帰り道百均で換気口蝶番3組×@105を購入し、掛け金を探すが規格に合ったものが無く、取り合えづ@105を1個購入した。 ここまでに領収書が残っている購入額は、18290円となっていた。 後は、被服ビニールに幾らかかるかが問題だ。

4/26ビニールハウス換気口設置です。2011/04/26 20:02

26日は朝早くから行こうとしたのだが、父母に声をかけると畑に行くとのことなので、二人が準備する間に冬タイヤの交換を行い終えたころに行く準備ができたようだ。 冬タイヤの交換は例年だと早いのだが、今年はパイプハウスの方に時間を取られ遅くなってしまった。 また、今日はイオンの百均に寄ってパイプハウスの換気口用の扉ロック金具4個×@105を購入し、ハッピーに寄って発酵有機石灰(貝殻石灰)20kg×2袋×@798を購入して畑に行った。 ハッピーで鍬を買おうとしたのだが、3890円の定価を見て慰留してしまった。 今日の作業は、(1)換気口の設置 (2)パイプの横だ折れ防止策を講ずること (3)耕運機での耕しを考えていたのだが、15時過ぎに強めの天気雨が降ってきたので、(3)を残して作業を中止した。 パイプハウスの作業で残っているのは、農ビを購入し掛けるだけとなったのだが、この農ビがいたって問題だ。 ホーマックで売っているのは、アキレスのあすかで0.1mm×2m×100m×@19800と0.15mm×1.8m×100m×@28000なのだが、ネット検索しても種類が出てこない。 農協資材部で相談すると、天上を0.15mm×6600mm×16.5m×@1417=13381と側を0.1mm×2000mm×41m×@336=13776で合計37157円は問題ないのだが、事務所内の単価票を見ると組合員の1.5倍の単価となっているのがどうも気になって注文できずにいたら、ネットで組合員価格程度での販売サイトを見つけた。 農協の素材を確認していないが、ここの素材は農POフイルムと確認ができたので、今夜にでも発注しようと考えている。 別件だが、写真の丸3を施工することによって、パイプハウスの揺れがほとんどなくなった。 帰りにホーマックに寄り鍛造開墾鍬@980・ゼンコウ家庭鍬@880・高度化成肥料20kg×@1880を購入して帰宅した。

4/27いよいよ耕運機を動かし耕すが・・・・2011/04/27 20:09

今日は朝早くから畑に行こうとしたが、昨日農ビの見積もりをFaxしたものだからどうしても気になって岸和田のメーカーに電話して掲示してある商品名を確認すると「昭和パックスのキリヨケバーナル」とのことなので注文したものの、安いと思っていた@980.7円より同じ物が200円安い@785のところを発見したので、先の注文をキャンセルし、安いところ注文をしていると畑への出発が1時間以上遅くなってしまった。 畑に居るときに携帯に電話があって、確認したところ当初農協で見積もってもらった37165円から送料も含めた金額が大幅に安くなった。購入フイルムは濃ビではなく農POフイルムです。これは組合員価格よりもはるかに安い! 遅ればせながら畑に着いて耕運機を動かそうとするが、手動式ヂーゼル耕運機は年一回の活躍のためおいそれとは始動しない。 エンジンがかかり、小屋から出してパイプハウスに入れようとすると、左に大きく傾いている。片方のタイヤの空気が大きく抜けている。 このままでは耕運できないので、空気入れが必要となってしまった。 結局はるか遠いハッピーで一番安い足踏み式(@698)の物を購入し畑を耕し始めたのは12:30だった。 ヤンマーの旧式耕運機YS-10を使ってパイプハウス内を耕すには技術がいるもので、下手をするとハウスそのものを壊してしまう恐れがある。 なんとか耕し、畝を作るまでは行かなかったが、平らにだけをできた。 また、ハウス外もそれなりに耕して終了とした。

4/29関空から息子が帰ってくるが・・・2011/04/29 20:17

4月29日昭和の日なので、連休を利用して息子が関空から帰省するという。 しかし、二泊三日の往復航空運賃が82600円という。誰が払うのか?私は、帰ってくるなと言ったのだが・・・ 千歳空港着が14:40とのことなので畑で用事をたいし迎えに行くことにする。 ハッピーで堆肥を7袋買って舗装道路から自前の林道を進み始めると、昨夜からの雨の影響でタイヤが滑るのを感じる。 やばい!と感じた時には既に遅し。雪道走法で進むものの、幅広夏タイヤは粘土質になった雨を含んだ腐葉土で空回りをするだけで、前には進まないだけではなく、タイヤの回転で溝が深くなって行く。 ジャッキで駆動輪を浮かせ貫などを入れるものの、タイヤの溝が腐葉土で埋まっているため、スリックタイヤで雪道を走る状態になってしまった。 耕運機で引ってもびくともしない。 最初の段階で、3時間以上の余裕のもとでの行動であったが、残り時間一時間となって焦りを感じる。 このままではまずい!そこで思いついたのが物理の動滑車の力の法則で、W滑車とS滑車の組み合わせで、耕運機の力を四倍に増幅して車を引き揚げる方法だ。これは、山屋の救助方法に一つである。 この方法で、一時間を残して車が救助されたものの、車の位置は舗装道路から一番奥に行っただけで、トラぶった林道を戻らなければならない。どうしたものか? 意を決し、助走をつけて林道の硬めの所を見極めて進むものの、微妙に助走が足りない。 アクセルを微妙に調整する方法は雪道のそれと同じだ。 なんとか膿んだ林道を抜けてところに車を止めて安心したので、アイヌねぎの床を耕運して撤収の準備を終えたのが14:15だった。